色の補修について(1)

 革の修復で、多い相談は、「色も直してほしい」というものです。
 バッグや靴でお気に入りを購入されるときのことを、思い出していただけるとわかります。選んだ理由は色、という方は多いと思います。「この色が素敵で、気に入ったから」とか、「季節を感じる色だから」という理由などで、選ばれることと思います。

 だから「色も直してほしい」という気持ちは、お気に入りに出会えたときの気持ちに、「もう一度なりたい!」に、いかにも近そうです。その方だけのこだわり、想い出ですね。

 ですので、色の相談に、しっかりと対応しております。お客様の想いに応じて、色見本を使う場合があります。お気持ちとお話しをきくだけのイメージから、実際と離れないようにします。

一見難しそうに思われるのが、色合わせです。知識も長年の経験も必要ありそうでしょうか。
ところが、実際に大切なことは、ぴったりに会うことももちろんですが、嫌な印象にしないことの方が、より大事かもしれません。

 それと、そもそも染み付きや、表面のざらざらを、そのままにしないことです。触って「違和感を感じる」感覚がないと、どんな提案ごともできません。

お写真さえあれば、おおよそのお見積を出すことが、できます

捨てきれない想い出の残るものがあったら…

どこに相談して良いかわからない

 

そんなお手入れのご相談がありますか

 

相談をあきらめる前に

 

私たちに一度

 

お写真をお送りしてみませんか?